しとしとと。。。。。歌人のふり。其の15

夕方から降りだしたあめ。
ぽつりぽつり・・・からいつのまにかしとしとと。

いまもしとしとと。
降り続いています。

届かない言葉も呑み込んだ言葉も消し去った言葉も。
ほんとはちゃんと伝えたかったはずなのに。

時間が少し言葉を包んで。
どこかへ運んでいってしまった。
まあいいか。。。と。
ぽつりと思ってしまう。

そんな夜も時にはやってくるもの。

雨が沁みる夜。

明日は晴れてほしいな。

息の白くなる真冬がほんの少し待ち遠しい。


君のいう ごめんねたどるやさしさも 雨の冷たさ指の冷たさ

この記事へのコメント

さとし君
2008年11月26日 12:51
こんにちは~。
ごめんね。。というお気持ちのなかに、君のやさしさをたどることができて。。初冬のしとしと雨の夜にむしろ温かさも。。
いつか晴れるし、やさしさをもってして、冬ものりこえられそうな勇気をいただけたようですね。
カロイ
2008年11月26日 13:54
いつもありがとうございます(^^)

さとし君のところは、一足先に冬本番、という感じでしょうか?
雪もそろそろちらつく頃?もうちらついてますか?
さとし君
2008年11月26日 17:47
いつもお優しいレスに、僕こそ自分に返ってきてます。
僕には住所はなく、優しいお方の心を住所としてます。(←嘘っ!嘘ですよ、仏ではあるまいし。。笑)
ときどきか、毎回かお調子もんのコメントをしてます。(^_^;)
こちらの県は東京に接してますが(笑)、標高が高く、すきっと冬晴れが続きます。こちら、東京の雨が雪になることが多い時節ですね。
カロイ
2008年11月26日 22:45
明日辺り、東京の雨が・・・そちらでは雪に変わりますかねぇ(^^)

もう少ししたら、
ちらちら。。。くらいの雪、見たいな、なんて思ってます。
さとし君
2008年11月27日 00:14
『街住むの 乙女の涙 落ち玉により
われの里の 雪深きけり』(さとし)

はい。ということに。(笑)

『街の雨 冷たきことの 我にとどき 
ごめんねを言い 望む晴れを』(同 上)

『ちらちらの 雪かかる肩 寄せあえば
ごめんねと はつ冬のささやき』(同 上)

3連すいません。。
カロイ
2008年11月28日 00:40
こんばんは!

三首、ありがとうございます(^^)

涙で雪の季節を感じられる街?ロマンチック!
ちょっと違いましたか?^^;

ごめんね。
が、二人の間を温かくしてくれる魔法の言葉であり続けますよう・・・。

今日は夕方から雨もやんでいたのに、いままたしっかりと降りだしています。

この記事へのトラックバック