運の矢を待つ・・・

  
   空から落ちる運の矢を待つ
   毎晩ゆっくり酒を酌む

堀口大学の「詩生晩酌」という詩だそうです。たぶん抜粋だと思います。
新聞のコラムから拝借しました。
人生に日の差す時期、光のあたる季節は人それぞれに違うものだと、同い年の作家の名前を並べてしみじみ思う。・・・と記事は続いて行くのですが。


ここ何年か、つくづくそう思います。
べつに大きなことを成し遂げるということでなくとも。
日々のささやかな、それでも自分にとっては大事なこと。そんなことでさえ、時期を待つことが結構必要になってきたりします。
思い立ったが吉日、もあれば、果報は寝て待て、もありです(#^.^#)

私にとっては十年来の、いやもっとでしょうか?・・・「花ごと」かな。
無理はしない、が今の私にとっては大事なことなので。
気の長い、と思うかもしれませんが、まさに人それぞれです。
時期を見るのもね。。。忍耐力いるものです。^^;
「毎晩ゆっくり酒を酌む」が大事なんですよね、時には。

「空から落ちる運の矢を待つ。」
ただ待ってるだけでは落ちる運の矢を見逃してしまいます、きっと。
チャンスを見逃さない目を持ち続けなければ!
チャンスを見極める目、でもありますかねぇ。

なんだか生真面目な文章になってしまいました。

たかだか数十年の自分の人生を振り返ってみても、日の差す時期、光のあたる季節が何回かはありました。
もちろん逆も数多。。。
仕事だったり、夢や目標だったり、恋愛だったり、友だったり、、、、、

運の矢。小さいのは結構落ちてきてるもんです、きっと(#^.^#)
見つけて喜べるかどうか。


さてさて、今年は。
運の矢を待つ、万全の準備を怠らず!
運の矢を待つ、ひとつにこだわることなく!
運の矢を待つ、拾えるものはなんでも!(笑)
を頭の隅っこで目標に。

そしてやっぱり。
恋と歌と本と私と愛に。
日々邁進していきたいと思っています。
私の基、素、ですから!(^^)


そうでした、遅くなりましたが。
あけましておめでとうございます。
この一年もよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント

2009年01月05日 05:42
私はもう惰性ですが、いつか日向に出てみたいとも思っております。ひじょうに文章が素晴らしく思います。

いつもありがとうございます。
2009年01月05日 12:36
こんにちは~。
ご自分の基、素に気が付き、それをお築きになられてきたことは、素晴らしいことですねーー。基、素の「維持」がはかられれば、心も平安なことに。。
私自身は基、素を探す自分が、ときたまいます。迷いがあるのでしょう~。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
カロイ
2009年01月06日 01:11
阿南龍子さん、こんばんは。
続けていくことの意味はなにものにもかえ難く。
ですよね。

いつか日なたに。。。楽しみにしています。
その時は私も引っ張り上げてください!(*^。^*)
カロイ
2009年01月06日 01:22
さとし君、こんばんは!

心がいつも平安だったらいいですよね、なかなかそうもいかないのが現状です^^;
でもなんとなくですが、自分にとって何が大切か必要か、がわかってきた感じです。わかってきてもままならず!だらけですが。

今年もあたたかい目をよろしくお願いします(^^)
2009年01月06日 09:02
日向もいいですが私は路地裏に居て誰かにスポットライトを浴びせるような生き方が好きです。

>その時は私も引っ張り上げてください!(*^。^*)

あなたの独りの力で充分に今、上がっていると思います。
カロイ
2009年01月06日 12:28
スポットライトを浴びせる。
その誰かを誰よりもよく知っているからこそできることですよね。

私はいつも右往左往、上がったり下がったり、いくつになってもまだまだ、です。
ん~~~、恋する女性は・・・いつもそんなです、きっと!(#^.^#)
2009年01月07日 04:43
迷いがあるから悟りができるものと思っています。私など歩く煩悩ですからあきません。

いつもありがとうございます。
カロイ
2009年01月08日 00:13
歩く煩悩!

みんなそんなものでしょうね。
もちろん私も^^;
くよくよ考え悩めるのも若さ!と思ってます(^^)

この記事へのトラックバック