懐かしいな。


懐かしいな。
なんて言葉がでるほどに、いつのまにか時間が過ぎていってる。

『砂漠でダイヤ。』
笑えるけれど、そんな言葉が何度も何度も恥ずかしげもなく、耳を通り抜けていった頃がある。

100パーセントぴったり合う人がほしいとは思わないけれど、98パーセントぴったり合うくらいの人がいたら。
そんなふうに思うようになったのは、幾つを通り越した頃だったか。

山盛りのとりあえずの友達(知り合いといったほうがよい?^^;)よりも、
気のおけない友達が何人かいれば十分楽しめる、と。

本を読むことが好きで。音楽が好きで。
私より少しだけ頭がよくて、ひとつは蘊蓄を語れるものを持っていて。
そして失恋をいっぱいしたことがあって。(心の根本に優しさが植わってると思うから(笑))
見かけは私にとっての最低限をクリアしていて。
姿勢がよくて(着るものがさまになるからね)、物事に肯定的な人。

で、話してて、似てるところがいっぱいあるのに、驚かされるエッセンスが隠れてる。

あ~~~~、なんて低い理想〓(^^)

簡単に出会えるとは思っていないけれど、
気長に待てばいつかは何人かは現れる予感、というか確信。
で、そんな出会いを大切にしながら過ごしていけたら、うんとシアワセ!
何十年も生きてれば、そんなふうにゆっくり待つ術も身につくものね!

気持ちの行き違いや温度差、深さの違いや揺れ所のちぐはぐ。
それはやっぱり否めないけれど。
否めないとわかっていてもかなしかったりするけれど。


それでもね。
懐かしい。
という言葉が自然と出るほどになじんでいく繋がり。
過ぎている時間。


『砂漠でダイヤ。』
なんて笑えて嬉しい言葉でしょ(^^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック