僕たちは美しく生きていけるのだろうか。~★茂木健一郎

先週、美容院に行ってきました。
疲れていたのか、体調のせいか、言葉の冷たさが身にしみていた数日。気分転換に!(*^_^*)

そこでたまたま手にした雑誌。
連載コラム。
「僕たちは美しく生きていけるのだろうか。」
見開きのページに、惹かれる文章と・・・一枚の写真。荒木経惟の一枚がインパクト大!

今回は「心が美しいこと」がテーマなようでした。
目に見えない他人の心の美しさがわかるのは、どうしてなのか。。。

内藤礼さんという現代アート作家の方の言葉だそうですが、
「この世で一番美しいものは、人の心の中にある」
「それは目に見えないし、ほらこれ、と差し出すこともできない。
 そのことを感じられる人にしか理解できない。
 もしその人が死んでしまえばなくなってしまうし、
 美しさを感じられる人が地上を去れば、あとかたもなく消えてしまう。・・・

と続きます。

あなた(私)の心が美しい、と感じてくれる人に巡り会える、という幸運。
それはきっと素晴らしく素敵な出会いなんだな・・・と思ってしまいました。
一生のうちに何人に出会えるのか?
そう思ってくれる人に。そう思える相手に。
感じてくれる人がいるこらこそ生まれる心の美しさ。
感じてくれる人と共に消えてしまう、儚いけれど、特別な心の美しさ。

たった一人の人とでも、共有できる、心の美しさ。
なんだかいいですよね。


茂木さんは内藤さんの言葉を受けて、続けています。
心の美しさは動きの中にある、と。
顔の美しさはバランス。完成された美しさ。
心の美しさには動的なバランスが。常に動いているもの、未完成なもの。

浮き沈み、挫折、醜い感情、怒り、などもバランスを崩さない程度にあるのでよい、そうです。
普通の人には、そこが難しいのだけれどねぇ(^^ゞ


話していても、文章を読んでいても、
あっ、この人はいいな。。。と思える人に時々巡り会えます。
で、その人にまとわりつく雰囲気の中にいたいと思います。
心がほんわかしてくるとでもいうのでしょうか(*^_^*)

私も。。。そんなひとりであれたら。
たった一人の人でも、そんなふうに思ってくれる人がどこかにいてくれたら。

巡りあえたら(*^。^*)
巡りあってる???


で、肝心の美容院!
良い感じに短くなりました(^^ゞ
で、ず~~~っと私の担当者のアシスタントしていた青年がめでたくカットしてました!
ガンバレ~~~(●^o^●)

この記事へのコメント

さとし君
2009年05月19日 10:13
髪の毛のカットで微笑むこのブログ
いつものカロイさんによみがえるためにも。。
僕はこのブログに巡りあえています。
おかげさまで。。
カロイ
2009年05月19日 23:17
こんばんは、さとし君。

お馴染みの美容院は気分転換にもってこい!です(^^)
普段読まない雑誌もあって、結構楽しみです。

今回は思ったより短め(^^ゞ

この記事へのトラックバック