なくすもの。譲れないもの。

雑誌の対談記事ですね。
村山由佳さんのメッセージでしょうか。
そのなかに、

自分の一番大切な絶対譲れないもの。それさえ相手に譲らなければ、どんな恋に堕ちてもきっと大丈夫。
その恋愛を万が一失っても自分が壊れることはないから。。。
なくすものばっかり考えてみてもはじまらない、
もしも目の前に心動かされるものがあったら真剣に向き合ってみればよい、
三歩先に行ったらまた違う景色がみえてくるかもしれない。

という感じのことが書かれていました。

なくすものは大きいかもしれない。
でも、得るものも大きいかもしれない。
と私も思ってしまうこの頃。
いま得ることのできるものは、今しかないのだから。
焦ることもないし、先延ばしにすることもないもの。

思った方向にいつも行くとは限らないのだけれど、たいていは寄り道ばっかりなのだけれど、
あとから思えばみんな自分に還ってきている。
強さや優しさは、きっと人と接することでどんどん膨らんでいく。
楽しい出会いでも悲しい別れでも、辛いつながりでも嬉しい巡り合わせでも。

普段はなんにも深く考えたりしないし、流されていることの方が多い。
でも、ふと振り返るとそんな自分になっていることに、ふと笑ってしまう。

自分にとって今何が一番大切か。
なんのために何をするのがベストか。
そのなかで自分ができることを。
小さな積み重ねこそが、大事なんだと思いながら。

揺るぎないものモノひとつ。
これが大事かな。。。
(*^_^*)


村山由佳の「ダブルファンタジー」
とうに買ってあるのになかなか読みだす機会がなくて。
じっくり読める機会がくるまで、しばらくお預けにしとこう(^◇^)

そうそう、この雑誌に新連載で読み切り小説がスタートしてました。
今月号の、よかったですよ。
手をつなぐことは。うんといいことだと。ふと思えるような。

私にとってはうぅ~~~んといいことです(●^o^●)

この記事へのコメント

さとし君
2009年06月02日 00:27
こんばんは~。
エッセイ?から女性って恋愛への精神的備えをしてるものなんだーとの想いがします。堕ちたときのケースも想定してるとかの印象も受けました。
手を物理的にか、精神的につなげることは、ほんと、いいことですよねー。何歳になっても愛情交換できる方法でもあるのですし。。
個人的な提案か説教(失礼!)に近いのですが、カロイさんって、満面の笑みないしはおしとやかな微笑みで、しかも心からのまなざしで、愛してることを伝えられるお方であると、僕は思ってますよーーー。まなざし。。これが一番心の内を示しますし、男もまるっきりバカではありませんから、撃たれるものがありますからねー。新緑に新たな恋のステップありのカロイさん~~、ガンバ!^^
カロイ
2009年06月03日 08:48
こんにちは!さとし君。

恋愛における精神的備え、たぶんそんなことはしていないし、出来ないと私は思いますが^^;
あとから考えるとそうだったんだな・・・くらいです。
できたら楽かもしれないけれど、なんとも味気ないような(^^ゞ

伝える「まなざし」
日々精進しないと!(*^。^*)

いつもありがとうございます!

この記事へのトラックバック