はしる

急がずも走る背中を追いかけて 私のできる限りでゆこう


ひとつとて比べるものなどないものを 貴方は道へ後ろにはわたし


見なれてる文字にのせゆく想いなど わかっているのに心はやりて

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック