抱きしめる

抱きしめて安らぎと共に泡立ちぬ その細胞の細かき震え


幼き日抱かれし記憶よみがえり いく歳重ねども愛おしき時


言葉なくただ強き力感じては 深き想いにただ言葉なく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック