かくも白く透き通ったその肌を 内から染めゆく熱きうねり


日に灼けし頬の赤さに微笑みて 夏の終わりを告げし夕暮れ


風の行く道を択びて寝転んで 本に耽るか枕抱きしか

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック