ふくらみ

抗えぬ流れにしばし身を委ね 躯の芯の紅きふくらみ


雨音のリズム響きし枕辺に 淡き余韻の重なりし朝


強きものひと刷けの雲描くごとく 青き空駆け摩訶の彩り

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック