ゆらりと

夕暮れの時忍びきてあたふたと 君の今日など想い連ねて


雨音に薬缶の湯気を重ねつつ ひとり紅茶を入れる贅沢


透きとおるカップの底の液体を ゆらりと回して夜は更けゆきぬ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック