しわ猫日記~武田百合子さん…

武田百合子さんの富士日記の話のついでに。

「ことばの食卓」これも文庫で出ています。
去年富士日記が本屋さんになくて、こちらを買うつもりでぱらぱら。。

なんだか読んだ記憶が・・・。
うちに帰って探してみたら・・・ありましたありました!3、4年前に買っていたのでした(^^)

で、今日また引っ張り出してきました(笑)
怖いこと。という話の中に。

青木さんは・・・・でも妙なことを沢山知っている。
「こうやってごらん」眼と鼻の間にイーッと皺を作らせてから
「ここに海老が出来る人は美人で運がいいんだってよ」などと言う。

というくだりがあるのですが。

その文章がなんだかとっても印象に残っているのです(^^)

かくいう私は。
笑う時に眼と眼の間がくしゃくしゃっとなるのです。
母と弟妹、みんな同じ笑い方です。

で、先ほどの文章、ちょっと近いなぁ。。。って、
信じることにしてます(*^。^*)

気にもしていなかったそんな笑い方を、さりげなく指摘されたのは(もちろん愛を込めて(^_-)-☆)いつだったか・・・
ずぅ~~~~~~~と昔の話ですね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック