相愛

緩やかに坂を転がる石の如く 相愛の心(しん)行ったり来たり


愛すると愛されるとの間には 重なるようで二本道のようで


飾ること無きがごとくに過ぎゆけり 緩みし時間安らかな人

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック