美味しさ

ほおばりて君の顔など思い出す 美味き芋の香届けたき風


ことことと牛蒡里芋つややかに 湯気の立ちゆく窓の夜見る


肩よせて小さき皿をつつきつつ 夜を忘れて交わしし愛しさ




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック