うれしかなし

自転車に乗りて寒空走りゆく 深き想いの本を求めて


覆われし雲に掴まれ夜の端っこ 星消えゆくほどの心ゆらいで


落ちてゆく恋の歌など数多ありも 愁いのかけら沁みてひとり夜  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック