見えるものは

夕暮れを待てず孤描く白き月 雲に染まりし君も見ゆるか


空に住みじっと見下ろす昼の月 目に映りしものそっと訊きたし


坂道を歩きて想い漂いて 繋ぐ手の先爪も温みて

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック