駅ふたつ分

湯島にも梅の蕾の膨らみて 見上げし空のただ高きこと


夕暮れの冷たき風にさらされし 君の手探す白き指先


短めのワンピース着てブーツ履き 迷いし心奮い立たせん


繋ぐ手の温かきこと確かめつつ 駅二つ分小さき旅なれ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック