一歩また一歩

指折りて数えし今日の幾月は 長くもありし短くもあり


霙混じる空の重さを背に受けて それでも一歩また一歩行く


晴れわたる青の清さにとろけつつ 窓辺によりてまた指折りし時

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック