降るものは

街灯に薄くけむりし雨粒に 手を延ばしたる現を忘れ


胸元に小さく収まり髪うねり 頭上より降る甘き囁き


繰り返す言葉の色は交じりあい 君は君なり僕は僕なり

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック