彷徨う

勢いのある恋愛の懐かしき ゆるりとするを良しと思へど


寒き日は些細なことに迷いあり 風冷たくてよそよそしくて


甘き香の赤き苺を一粒と ほおばりて夜ひとり噛みしめ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック