もしも

遡る十数年の歳月に 時空の戯れ叶うことなく


もしもなど思い及ばぬ日々なれど 言葉の甘さに思いほだされ


胸元の小さきひかり眺めては 日々の雑事にひとときゆるみ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック