さくら

さくら背にすましておりぬその顔の 笑い誘いし風荒らき夜


眺めては一人思いぬ収まりし うち一番の良き顔なりと


一年を波穏やかにいかずとも また一年を迎えしに笑み


ほのかなる色集いたる夕空に さくら浮かびぬ永久のごとくに

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック