時間

血の色の多彩なるあか今に知る 命の源遠く伝えし


震えつつ濡れつつ風に花水木 何を想いて路地にただ経つ


少しずつ少しずつただ遠くなり 振り向く顔も繋がる声も

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック