またひとつ

おしまいははじまりのあとについてくる しらぬかおしてきょうもすぎゆく


背中には暑い日差しが容赦なく 時間に添うは透明な壁


またひとつあなたのちがいをみつけては うろたえる目をそっとふせてる

この記事へのコメント

2010年05月22日 03:18
えらいご無沙汰しております。

僭越ながらも、

>おしまいははじまりのあとについてくる しらぬかおしてきょうもすぎゆく

秀歌です!
カロイ
2010年05月23日 01:30
阿南龍子さん、こんばんは!

ありがとうございます。
とっても励みになるコメントです(^^)

またガンバろっと!(*^。^*)

阿南龍子さんの、お子さんとの触れ合い、いつも微笑ましく読ませていただいてます。
さとし君
2010年05月23日 19:35
>またひとつあなたのちがいをみつけては うろたえる目をそっとふせてる
自己への同化を強制するお方が多い。こういう歌を詠える女性がいたんですね。
ちがいをみつけることじたいが人生ですと想いますし、人生の意味も。。秀作です!
このような歌の作者に、贈歌、仕事一山越えたらかならずいたします。^^
カロイ
2010年05月24日 00:48
さとし君、こんばんは!

ありがとうございます(^^)
ちがいをみつけること・・・うれしかったり、寂しかったり。

お仕事お忙しいようですね。
暑くなったり寒くなったり。風邪などひきませんよう。
歌。楽しみにしています(#^.^#)

この記事へのトラックバック