歩く

気がつけば重力に添い下降する 身体従えひたすら歩く


今日もまたわずかな距離も遠回り 長い目で見て自らに言い


雲の色指先過ぎる風の手触り 秋の真ん中一人歩く道



ウォーキング・スニーカーを購入してもうすぐ一カ月。
毎日は無理だけど、週の半分は・・・と頑張ってみる。
気長にね。。。と、今は自分に言い聞かせて^^;

気持ちよさ。
秋の気配。
得したことは山盛り。
あれこれと思い悩む気持ちも少しは遠のく。
あんなに暑かった夏。。。記憶も薄まり・・・
秋はしっかり包んでくれている。

薔薇の花は秋のつぼみ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック