暮春を待って。

風に立ち雨受け止めてはなみずき



一日中、降ったかと思えば止み、止んだかと思えば降りだし。
雨、風、強く、時には傘も役に立たないほど。
かと思えば、薄日が射してきたり。

満開のはなみずきはけな気に。
雨を全身で受け止めながら、風に逆らうことなく。。。
もうしばらく待ちましょう。



吹く風に逆らわずして暮春待つ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック