花は咲き、続く

善きことも悪しきことにも同等に 積もり積もれば哀しみ秘めり



花ばなのリレーの如く咲き繋ぐ その力受けまた一歩行く



故郷のさくらの便り届き日は しばし彼方の波を忘れり



なにがおこっても、どこかで何かが咲いている。
何にざわめいても、そこに花はいる。
少し心を落ち着けないと。
毎日が分かれ道。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック