たなばたの雨

なんとなく過ぎたる如したなばたの 天の川よりぽつぽつと雨



短冊に書かれし文字は幼くて 変わらぬ日々のしあわせ思う



ぽつぽつ。
しとしと。
ぱらぱら。
ときには日差し。

そんな一日。
夕方の風は少し心地よく。
雲に隠れて天の川。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック