山田詠美サイン会 2011

ばたばたと一年が過ぎていきました。
後半はちょっと仕事もかわり。余計じたばた^^;

そんな中、今年も山田詠美サイン会へ。
「ジェントルマン」
小説現代に載ったのが10月、まだまだ先の発売と高をくくっていたのですが。。。
早かった!
サイン会の情報を友人からもらい、慌ててチェック。
予約できるところが伊勢佐木町・・・トオイ・・・と思いつつ30分後には予約の電話を入れていました(*^。^*)

前回の経験をもとに、少し早めに行って、早めに並ぶことに。
本を受け取り、整理券をもらい、二階へ上がると・・・まだまばらな人。
それらしき人と一言二言会話。まだみたいですねぇ・・・。
ちょっとぶらぶらしましょうかとうろうろ。
気づいたら十数名が並んでいました。
慌てて列へ。
今回の先頭は男性でした!

去年のサイン会の後、次に行くときは絶対お手紙持参だ!と心に誓っていたのに・・・。
書いてはみたものの、時間が足りず、断念。中途半端なものは持っていけないものね^^;
次は!!!!

ファンレター、クリスマスプレゼントらしきもの、それぞれお持ちになっていたようです。
やっぱりファンてありがたいものだよね・・・・なんて思いつつ待つ時間。

今回はかなり前のほうだったので、あっという間に終わった感じ。
とはいえ、階段に並んでいる間、ご本人の姿が全く見えないのです。
どんなふうにファンの方と接しているのかはもちろん、どんな服装かもわからず。
どきどき。でした。

クリスマス感のある服装でした。
目の前でサインをいただき、握手をして、一言二言。
やはり数十秒の逢瀬(*^。^*)

あ~~~~、次回こそ手紙書かなくちゃ!
と誓いも新たに去る私でした。


さて。
「ジェントルマン」
濃い、ですかねぇ。

ご興味のある方は・・・お正月のだらけ気分をすっきりさせたい頃に是非(#^.^#)


最近読んだり読み返したりの山田詠美。
マグネット。秀逸という言葉が浮かぶ本。
風葬の教室。そうだった、こういうのも書いていたんだった!と思い出した一冊。
高校生の頃に読んでいたらどう感じたのかな?

熱血ぽんちゃんもまた良し!

そんなこんなで今年も暮れてゆきます。

みなさま、よいお年を!(*^。^*)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック