いつかは

余命。

いつかはどちらかが先に終える。
どちらが先かなんて。
わからない。ものだけれど・・・。
心のどこかでちょっとだけ思うことはある。

先と後。
どっちが哀しいか・・・なんて愚問だけれど。
忘れた頃にふとよぎる思いは、かなしい。
少しでも長く一緒の時間を過ごしたい思いと、普通にしてることが大事だと思うおもいと。

どのくらいかなしくなるのか・・・。
いつまでかなしく思うのか・・・。
そんな愚にもつかないことを考えただけで・・・。

笑えるけれど、詰まる思い・・・切なくなる。

とか言いつつ、
残る側であると思っている私^^;
笑える?(笑)


共に過ごす時間は同じなのだと。
伝えておきたいな。


来年の桜も。
再来年の桜も。
満開の下、見上げる日が続きますよう。



ふくよかに揺れるさくらの蕾には 伸ばす指先触れず彷徨う

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック