恋愛は一人じゃできない  #10

結局。
恋愛は一人じゃできない。
んだよね・・・。

当たり前すぎるくらい当たり前のことなんだけれど・・・。
二人が順調なときには気にもならない当然のことが。

ふっと大きく目の前に立ちはだかる。

ほんの数日前には楽しくて満ち足りて安らいで。
でもほんの一瞬の出来事がすべてを薄闇に包む。
誰にでも起こりうる、こと。

零れ落ちる涙を止める術を忘れたように。
ぽろぽろと音が聞こえるほどに。
かなしみは音を消して迫ってくる。


山田詠美のジェントルマン。
文庫本が出たのを機に、久しぶりにささっと読み返してみました。

愛するがゆえに罪びとになれるのか?
私はなれないな・・・。
本当の愛を貫くために自分の未来を閉ざすことを厭わない・・・。
できないな・・・。
では本当の愛って?
普通の人が普通に過ごす愛は中途半端?

現実と小説では比べるべくもないけれど^^;


しかし・・・現実に身近にソウタロウがいたら・・・恐ろしい・・・だろうな。
もしかしたら・・・気づいていないだけでいた?いる?(^_^;)


夏も終わりに向かっています。
少しずつ秋に近づいていますね。

いろんな思いはあるけれど。
もう少し信じていこう。
素直な(自分の)気持ちを。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック