プリティ ウーマン

何度観ても、またつい観てしまう映画のひとつ(^^)

時代を感じる衣裳、髪型、、、肩パットを見るたびに、ふふふって笑ってしまうけれど。

誰かを変えてしまいたいとか、誰かに変えてほしいとか、
そういうことを思う齢でもなくなってしまったけれど。

小さなどきどきはみるたびに感じる。

あんなにすごいシンデレラガール(死語?^^;)はあり得ないとしても、
ささやかな「シンデレラガール」はいつも隣に寄り添っていてくれたりする。
それに気づいた人勝ち!って思う。


自分にとっての「価値あるもの」「必要不可欠な人」
そして心の支えとなってくれるもの、人。

そんなことをふと思う年の瀬。


のんびり映画を観る時間もちょっと控えめにして、
年末の慌ただしい波にのまれる生活に戻りましょうか(^_^;)


それにしてもジュリア・ロバーツ。
ナイスバディ!カッコいい(笑)
今は今で、やっぱり素敵!だと思う女優さん。


この記事へのコメント

2015年12月27日 20:10
私も観たことがありますが、いい映画ですよね。

劇場公開から20年以上経っても、シンデレラストーリーとして、観る者をドキドキさせられるので、これからも全く色褪せない名作として後世に語り継がれていきそうな気がします。
カロイ
2015年12月29日 22:47
Kanakoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
何度観ても、また観てしまう映画(^^)

今の大人なジュリア・ロバーツもいいけれど、若かりし頃の大胆さもいいです(*^^)v

この記事へのトラックバック