久しぶりに街を歩く。
懐かしい・・・と思えるくらいに・・・遠のいていた街。
少しずつ融けているのか、ただの気まぐれなのか・・・。

訊く必要もないこと・・・なのか・・・ちょっぴりコワいこと。

私の中に「あるもの」はかわっていないから。
今はただ流れにゆだねて・・・。
ゆっくりと。



今はただ君の手がいい花冷えて


つなぐ手の力の緩さ春の宵

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック