コイノウタ

久しぶりに・・・とっても久しぶりに。
その人の歌う「恋の歌」を聴く。

吉田拓郎の、その歌は。
歌詞の検索サイトにもあまり出ていないけれど・・・。

でも。
聴くたびに、
その切なさやかなしさやときめきが。
自分の頬を流れていくような気持ちになる・・・。

人を好きになる切なさとときめき、喜びとかなしみ。


片思いの時には知る必要のなかった、
迷いや思いやり。


それでも。
出会えたことが。
奇跡と思える時間。


面と向かって言えない言葉。
言葉だけでは陳腐に聞こえる単語。
言葉では表しきれない想い。

歌は、時に、補って余りある・・・。
なんてことを、ふと思う。
(^^)



秋は。
寄り添って歩くのにいい季節。
少しだけ冷たくなった手を温める楽しさが増える・・・。
ようやくそんな季節になりました!(^^♪



グラスには甘き吐息の葡萄の実



吉田拓郎のコンサート…今週、来週…
ちょっと行きたかったな。
生の「恋の歌」… 歌わないか!!(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック