雨上がり

人それぞれのいろいろを、
夜の隙間から月は見ているのかな・・・。
雨上がりの雲の切れ間にすこぉしだけ見えた月。

人と人との距離。
くっついてみたりちょっと離れてみたり。
うんと近づいてみたり。

寄り添える。
あたたかさ。
いつまでも続いてほしいぬくもり。





 月のうさぎ


雨上がりの街
気づかないふりして傘をさす
買ったばかりの青い傘
散りばめられた小さな花が
流れ落ちる雨粒にとける
もう少し降ればいいのに
こんな時に限って月が出る

月明かりの街
見上げながら歩いていく
買ったばかりの赤い傘
小さくたたんでそっとしまう
あわい光に頬を濡らして
今夜だけは降ってほしいと
月のうさぎに願い届かず

雨上がりの街
気づかないふりして傘をさす

滲んだ花も月も私も
雨待つように小さくゆれる

雨上がりの街
青い傘閉じれば

見上げた月淡くひかり
ふたつの影映し出す


すました顔の月のうさぎ
少しだけ縮んだ距離に
空の上からまぁるく微笑む

空には白い月
月のうさぎは眠りに落ちる



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック