ジャコメッティ展


平日のお休み。
美術館へ。

画像



国立新美術館。
久しぶりの空間。

すこし日差しも落ち着いた午後。
とはいえ駅までの道のりはやっぱり汗だく(^^;

ジャコメッティ展。
細く長く・・・行きついた先に生まれた作品の数々。
三センチくらいのものから数メートルのものまで。
その時期その時期で、行きついた作品たち。


見たものを見たままに表現する・・・一切の飾り、思いを排除するとでもいうのでしょうか?

当時の多くの詩人に支持された、っていうのが頷ける。
そして私も好き。

犬の作品。
自身を投影した作品と解説がありましたが。

見ていると苦しくなる。かなしくなるがすこしと。


画像



自分を追い込む日々。
芸術家にはとうていなれないな(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック