明日の空

三日月が少しずつ膨らんでいくここ数日。
秋の空が高くなる。




明日の空


空を駆けあがっていくのさ
後ろを振り返ることなく
空はあおくて
君が見ている空は僕をよんでいるだろうか

月に跨いでみるのさ
三日月が始まる頃に
月はあおくて
君が見ている月は僕を映しているだろうか

星に話しかけてみるのさ
瞬きに口笛載せて
星はあおくて
君が見ている星は僕をさがしているだろうか


三日月のぶらんこ
細いその先に
ひかる星やっつ
丸を描いて
君の顔に似せる

口笛に踊る星
白くそして青く
強さと弱さと
リズムを描いて
僕の想いに似せる


君が笑ってくれるといいな
僕は泣かないから

明日はきっと青空で、僕は白い雲を描く

君が見つけてくれるといいな
僕の描いた白い雲

明日はきっと青空で、僕たちは空を見上げる


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック