御飯茶碗のどこかにひびが入ってるな・・・って感じてから一か月近く。

ようやく・・・まあまあいいかな?って思えるものに出会えて購入。

今までより小さめ・・・と思っていたら、全体の膨らみ具合か・・・結構入る(笑)

内側の底にひと文字。

すこし心が疲れていたか・・・?(笑)


先週、母から冬野菜が宅急便で届く。
柿もごろごろといくつも。大好きです(^^)

貼ってある伝票を見ると、送り主は弟の名前。
父が亡くなってから、なぜか弟の名前で送られてくる。
送り主はいつだって母なのにね・・・。

突然、思う。
もう父の名前が書かれてくることはないんだ・・・・って。
当たり前なんだけれど・・・
そうやって、現実の中へと「時」は流れていくんだな・・・。
「時」に流されて、人は思い出に変えていくんだな・・・。

なぁんて。


画像



福。

父の名前からのひと文字。

偶然見つけたのも、きっと縁(笑)



幸。
福。

福って、誰かのためにすること、からやってくるもののように思える。

縁の下の力持ち的な(^^)
大きく言えば無償の愛!(笑)

そして、
かなしいときに一緒に泣けて、
うれしいときに一緒に喜べて、
たのしいときに一緒に笑えて。

もちろんただ見守るべきときもある。

そして・・・
いつも傍にいること。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック