やさしさの裏側

画像


くらもち本。
天然コケッコーの追加分が読みたくて手に取る。
うん!愛が溢れた一冊(^^)


とある書店。くらもち本がたっぷりと。
関連本も集められている。
思わず立ち止まるも・・・読みたかった本は見当たらず。
地道に探そう。
本は本屋さんで探す!が好きですから(笑)


くらもち本の中の一篇
「さよならたんご」
筒井 旭作

もう泣けて泣けて。
想定外の話でもないのに。

やさしさの裏側。
やさしくいることはかなしみを引き受けること。
誰に知られずとも、引き受けること。
引き受けたうえで、やさしくいられること。

やさしさと強さのなかに包まれたかなしみ。
だれかひとりでも気づいてくれたらいいな・・・・なんて思ってしまった(^^;
筒井 旭さんの作品、読んでみたくなりました。


強い人が好きだと、惹かれると、人は言う。
それは表面的な強さだったり、強引さだったり。
もちろん本当の内面的な強さに気づく人もいるだろうけれど。
見た目とのギャップとしても、魅力のひとつに成り得る。


本当の強さを持っている人は、
優しい人なのです、
強く見えない表情の裏側。
かなしみを知っているからこそ受け入れられるすべて。

たんご。
しあわせになぁれ!
って、心の奥で祈る(笑)




くらもちふさこ×いくえみ綾 二人展
に、行ってきました。

ちょっとだけ、たんごがいました。


それにしても・・・
画の変わりようが衝撃的。
なにが、そうさせたのか・・・。
そんなエピソード、どこかに載っけてほしかった!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック