水たまり

   水たまり


かなしいことは水たまりに融かす
ひとつずつそぉっと落とす
一瞬蒼く染まった水は
かなしい思いを受けとめる

かなしいことは水たまりに融かす
みっつまとめてぽとりと落とす
一瞬あかく染まった水は
かなしい思いに輪をかける

かなしいことは水たまりに融かす
突き返された想いを落とす
一瞬白く染まった水は
かなしい思いを半分弾く

かなしいことは水たまりに融かす
ひとつひとつまたひとつ
すうっととけて浮かんできたのは
淡い桃色透きとおった泡

両手で掬ってしゃがみこむ
消えていくのを飽かず見つめる

水たまりに傘を映して
暗い空を遠くに追いやる


子供の声が溶けていく

あなたの声はどこへ沈んだのだろう

雨はまだまだ止みそうにない

私の声を降る雨に似せる

雨はまだまだ止みそうにない





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック