ボヘミアンラプソディー

連休の一日、観てきました!

出てくる曲は、
歌えなくても聴いたことがある、
意味はわかななくても心つかまれる、
な曲が次々と。


半分すぎてからは、あそこでうるうる、こっちでうるうる・・・(笑)
多少???なところもあったけれど(^^;まあ映画ですから。

そして最後は圧巻。
We Are the Champions
うるうるを通り越した私は、いかに鼻水を音を立てずに止めるかが最大の課題に(笑)

それにしても、曲の多彩さ。
歌のうまさ。
う~~~ん、そうだったのか!です(^^)

十数年前に、クイーンの曲に合わせたミュージカルを観たのですが。
そこまで気づけなかったな・・・。

ラストシーン。
あの大観衆の前で歌が歌えたら、
誰だって悔いは残らないだろうな・・・なんて思ってしまった。


身近にいる歌をうたう人。
小さなお店でも大きな舞台でも有名人とでも極々近しい人とでも。
あなたらしく、あなたの思うままに、
長く歌っていけたらいいな・・・と、陰ながら思う。


夕暮れの空に月を探しながらてくてく歩く。

胸の奥にクイーンの曲をくるくる回らせながら(笑)


・・・・ふいに君の歌が舞い込んできたよ(#^^#)
と、隣をみると、いつになく真面目な顔で歩いてる・・・


時間に遅れそうで、ちょっと焦っていたのかな?(笑)
知らない私はのんびり(^^;



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック