ロマンシエ~~原田マハ

ここのところ、仕事が忙しく、活字に近づく気分が失せていた・・・
ようやく落ち着いて・・・読み終えたロマンシエ。

後半は、電車の中で読むたびにうるうる。
なにがどうって訳じゃないけれど、青春!!だ!!(笑)
美智之輔、好きだよ!(笑)
そしてパリのリトグラフ工房「idem」をのぞいてみたい!

原田マハの小説を読むたびに、芸術・・・アートは、素晴らしい、好き!ということを改めて確認させられる。

2015年に、東京ステーションギャラリーで実際に行われた、小説連動型展覧会を見逃したことを、
何度も何度も悔やんでしまった(^^;
図録、今も販売されていないかな・・・時間のある時にギャラリーに行ってみよう。


ロマンシエ(小説家)ってタイトル、いいね!って再確認させられる最後。
ハルさんの作品をいつかまた本当に読めるような気持ちになる最後(^^)


解説に書かれていた、インタビューに答えた原田マハの言葉、

『どの時代にも描く人がいて、それを伝える人がいて、受けとめる人がいた。私はその一人になりたい』

まさに。
ますます原田マハを好きになってしまった。

私は、描く人にはなれないけれど、受けとめる人にはなれる(^^)


暑い毎日だけれど、美術館に行こう!!(#^^#)

DSC_0304~2.JPG

この記事へのコメント