短い話   ①

ギター 土手沿いの道を車で走る 信号待ちの列にゆるゆると近づきながら外を見る ギターを持った少年の三人組 ひとりが弾いて ひとりが膝を叩いて ひとりがうたっている感じ 微妙に離れた距離を保ちつつ なにやら楽しそう 時々思わず近づいて何か話しているふう 4月の夕方 まだ風は冷たいから じっとしていると寒いはず…
コメント:0

続きを読むread more

木になった亜沙~~~今村夏子

今村夏子の小説も何冊目でしょうか・・・・。 読み始めると、その文字の世界に惹きこまれ、気づくと次の本を探している・・・ 短編集です。みっつのお話。 実のなる木になれなかった亜沙は・・・若者と共に過ぎていく日々の中で。 いつもいつもがんばれがんばれと応援されていた七未は・・・・。…
コメント:0

続きを読むread more

うど、たらの芽、こしあぶら

弟から山菜が届く。 午前中に採りに行って、午後に宅配便で送ってくれた物。 次の日に届いた新鮮な山菜。 うど、たらの芽、こしあぶら。 つやつや。 季節を感じられる旬のものが、 こんな時にはよりありがたみを増す。 心がほっこりする。 今夜は天ぷらだ!と意気込む(笑) 丁寧に水洗い。 香りが私を…
コメント:0

続きを読むread more

今日もいいお天気。 家で片付けをして過ごす。 羽衣ジャスミンが咲き始めています。 部屋の中に香りが流れてきます。 花にとってはいつもの春・・・。 手 手を伸ばす 花に向かって 月に向かって この春を写真に収める 手を伸ばす あなたに向かって 空に向かって 見えない手が形に…
コメント:0

続きを読むread more

月がきれい

月がきれいな夜。 毎年、花は順番に咲くし風は薫るし、 芽吹く樹々も順番を待っている。 もう少し辛抱。 いいこと 月がきれい 星がきれい あなたがそこにいる 月がきれい 星を隠す あなたがそこにいる 桜が揺れる 空があおい あなたをおもい出す 風が薫る 雲は流れる あなたをお…
コメント:0

続きを読むread more