Earl Grey・・・歌人のふり

私にしては珍しく。紅茶。

アールグレイの香りの中にいたくて。
お気に入りの真っ白なカップ、細~いグリーンのラインがふちに一本だけ入っていますが。
久しぶりに出して、ぼーっとしながら一杯。

おいしいな。。。

やることはいっぱいあるのに、なんとなく手持無沙汰。

久しぶりの晴天も、飛び交う花粉も、なんだか別の世界のような。

時々、思い出したようにむずむずする鼻、くしゃみ。
私と現実を結び付けるもの。


来ないものを待つ。
待ってもしょうがないものを思う。
思っても届かないものを考える。
考えても堂々巡りなことをわらう。
笑いたいのに。。。溜息ばかり。

明日からは気持ち切り替えよう!

今日一日は・・・Earl Grey の香りに。


この道をゆるりと上がれと春の風 君あるく道やさしと願う


濁りなき紅茶の色に見つめられ 待つも愛しとただ青き空


あかき花いくつもいくつも手に取りて のびゆく色に思い込めしも

"Earl Grey・・・歌人のふり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント