香り

軒先の甘い花香に頬寄せて 春の日なたにひとり戯れ


真夜中に小さく響く着メロに 君の香りの淡く想えし


雨音に誘われ窓に偲びより 湿る雨の香いくつの夜にも

"香り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント