歩いてみれば

秋色の黄色の葉など踏みしだき 奏でる音は少し寂しく


雑踏を急ぎ歩きしその道は いつかの時を肩並べし道


銀杏の微かににおう木立抜け 秋の雲波眺めしひとり

"歩いてみれば" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント