花に酔い

まなざしを受け止めているその時の 確かな温み遠くにおもう


夕暮れの風の冷たき街並みに 人参下げし心はやりて


香り立つ白き小花の戯れて 花に酔いたる春の終わりと

"花に酔い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント