温もり電車


やきもちというほど熱くもなきものを あまき言葉のひとつほしき夜



Tシャツの背中の広さに近づきて 小さき吐息そっと飲み込む



見送りの電車を降りる機を逃し ぐるりと回る温もりを手に



長く一緒にいると、
見落としたり、忘れたり、気を抜いたり、我を張ったり。

知っていたことを改めて認識させられて、
はっとしたり、嬉しくなったり、恥ずかしくなったり。

暑くても温もり(^^)

"温もり電車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント