なごり

夕立の名残りの風を受けながら 駅へと向かうつかず離れず


少しだけ遠回りするわかれ道 甘き思いを背に残しつつ


日曜日。
乾ききっていない道を駅へと歩く。
いつもの倍くらいゆっくりと。
むっとする空気ももうしばらくかな・・・。まだまだ続くのかな。

次に歩くときは、秋の風を思わせるくらいになっているのかな・・・。



暑い日が続いています。
暦の上ではもう夏も過ぎ・・・。

残暑お見舞い申し上げます。

"なごり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント