書き綴られたもの・・・そしてあの頃

人のブログを読んでいると、刺激を受けることが多い。
その人のやっていることだったり、頑張りだったり、立ち向かい方だったり。
で、文章そのものの魅力。

その人しか書けない文章。
その人ならではの言い回し。
その人ならではの感性。

あ~~~、こんなふうに書けばいいんだな、書けたらイイナ!と思う私。
でもなかなか・・・ね^^;


久しぶりにお気に入りのブログの過去に遡ってみる。
今とは微妙に違う文体。
環境。思い。

あ~~~、ン年前の私の誕生日の時にはこんなこと書いてたんだ!
なんて思いながら(*^。^*)
私自身はなにを思っていたんだろう・・・・考えてみるけれど・・・これといったこともなくだったような(笑)


自分のブログも遡ってみる。
赤面もののなんと多いことか(>_<)
まあ、仕方ないけど(笑)

もう少し日々のことを気負いなく書けたらいいな!
記録としても。



ありし日の君のそばには千の風 過ぎて川辺に揺れる日想う

"書き綴られたもの・・・そしてあの頃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント