愛しいと・・・

愛しさにまっすぐ見つめるまなざしに 伏し目がちにて笑う春宵


文字読みて恋しはじめの人想う 愛しさかなしさ半分づつに


いくつもの春の宵闇愛しくも 今宵歩きし儚き春に 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック